バスケットボールのスコア、得点のスコアリングだけでなく、アシスト、リバウンド、スチール、ファウル、フリースロー、ターンオーバー等のプレーを入力し、STATS / スタッツ(統計データ)として記録するためのサイトです。

琉球ゴールデンキングスの採算性検証

沖縄県が建設を予定している1万人収容のアリーナを琉球ゴールデンキングスのホームアリーナとする構想が進んでいます。
8千人/試合集客できれば、100億円規模の経済効果を期待できるとのことで、非常に前向きな構想です。
BASUCOは、5千人規模のアリーナ新設はリーグ発展の足枷になる危惧があるため、反対の立場ですが、1万人規模のアリーナであれば賛成です。
1万人規模のアリーナを確保できれば、リーグ発展の必要条件の一つが揃います。
採算性を十分に検討したうえで、アリーナを新設するのであれば沖縄県と同様1万人規模以上のアリーナにすることを、他のチームも是非考えて欲しいと思います。
ここでは、8千人集客するという事がどういうことであるか、沖縄県の例で検証してみたいと思います。
沖縄県の人口は約142万人ですが、このうちバスケットボールの試合観戦の対象となるのは、下限が18~22歳程度、上限は70歳ぐらいまでではないかと推測します。
沖縄県におけるこの年代層の人口は男性が約44万人、女性もほぼ44万人です。
このうち、入場料を支払って試合を見に来て下さる熱心なファンの比率が男性は2%、女性は1%と仮定すると、その人数は各々、9千人弱、4千人ちょっとになります。
合計で1万3千人程度と見積もることができます。
2%といっても、50人に一人ですから、結構な比率です。現状は恐らくもっと低いと思います。
リーグが年間60試合、半分の30試合をホームゲームとして開催するとして、90%をホームアリーナで開催するようにとの指針がありますから、ホームアリーナでの試合開催数は最低27試合/シーズンとなります。
したがって、ワンシーズンのホームアリーナでの総集客数目標は、8千人×27試合=21万6千人となります。
これを先ほどのファンの人数で割ると、
 21万6千人÷1万3千人=16.4回 です。
レギュラーシーズンを6ヶ月で実施する場合、
 16.4回÷6ヶ月=2.7回/月ですから、月に2~3回は試合を見に来ていただかないといけない計算になります。
ホーム&アウエイ方式・連戦で試合をこなしてゆくと、ほぼ隔週毎にホームゲームを2連戦で開催することになりますから、隔週で開催されるホームゲーム2連戦のうちどちらかを必ず観戦して頂かないと、目標の集客数に届かないという事になります。
これはかなり高いハードルだと思います。
この意味では、人口の少ない沖縄県は不利です。
一方、沖縄には約4万5千人の米軍とその家族が駐留しています。アメリカではバスケットボールの人気は非常に高いですから、駐留している4万5千人のうち 30%がバスケットボールファンだとするとそれだけで1万4千人弱になります。30%は過剰な見積もりと思われるかもしれませんが、米軍という特別な集団 においては3人に一人ぐらいは熱烈なバスケットボールファンがいても全く不思議ではないと思います。
仮にこの1万4千人がファンに加わると仮定すると、
21万6千人÷(1万3千人+1万4千人)=8.1回となり、月に一度、ホームゲームを見に来ていただけば良いことになります。これは現実味のある数字です。
ただし、アメリカにはNBA がありますから、試合のレベルが低ければ試合を見に来ていただくことはできません。
逆にハイレベルな試合を提供できれば、沖縄は観光地でもありますから、日本の観光客だけではなく、台湾をはじめ海外の観光客にも試合を観戦して頂くことも決して夢ではないと考えます。
沖縄県に1万人規模のアリーナができれば、チーム発展のための必要条件は揃います。
しかし、ハイレベルな試合を提供できなければ、十分とは言えません。
もし、これまでと変わらない試合しか提供できなかったとしたら、アリーナの1割程度しか埋まらない、悲惨な結果となると思います。
アリーナの問題に目途がついたら、本来の最優先課題である、集客力のあるチームに変えるための具体的な方策を考え抜かねばなりません。
そうなると、On The Court 外人枠1~2名というタスクフォースの指針が大きな足枷になることは間違いないでしょう。
これは琉球ゴールデンキングスに限った話ではなく、どのチームにも共通する、大切な課題です。
この点について、リーグ参加予定チームとタスクフォースとの間で、十分に議論がなされることを期待します。
他のリーグ参加条件はともかく、この点は上意下達で済む話ではないのです。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメントする

※管理人にのみ公開されます

このページのトップに戻る