バスケットボールのスコア、得点のスコアリングだけでなく、アシスト、リバウンド、スチール、ファウル、フリースロー、ターンオーバー等のプレーを入力し、STATS / スタッツ(統計データ)として記録するためのサイトです。

FIBA Asia男子一次予選:23日の結果

FIBA Asia男子一次予選の初日23日は、8ゲームが行われました。

日本はアジアランク2位のIran と対戦し、48対86で大敗してしました。ランキング差からしていたしかたないですね。

STATS をみてみると、ターンオーバーがIran は僅かに7回ですが、日本は19回もありました。実力が同等でもこれだけターンオーバーに差があると厳しいですから、格上の相手に対してこれだけミスをしてしまうと勝ち目はないですね。

リバウンドもIran 45回に対し日本は29回と圧倒されています。特に、オフェンスリバウンドが日本は9回なのに対しIran は19回と大きく差があります。これでは防戦一方の展開になってしまいます。

日本は明日以降、ランキングでは下位チームとの対戦になりますので、気持ちの上では余裕を持って臨めることでしょう。ただし、今日のゲームのようにターンオーバーが多いと厳しい展開になることは必至です。落ち着いてプレーして欲しいものです。

C組の韓国対Jordan はアジアランキング3位、4位の戦いでしたが、韓国が87対60で快勝しています。ターンオーバーは韓国17回、Jordan 13回、リバウンドは韓国40回、Jordan 37回で拮抗していますが、Filed Goal 率が韓国の59.3%に対しJordan は29.7%しかありませんでした。Jordan はシュートが決まらず、点差を拡げられてしまった展開です。

Bグル―プではランキングなしのPalestine がアジアランク5位のPhilippines に、75対73で勝利しています。Palestine は1Q で12対27とPhilippines に大差をつけられたものの、2Qでは逆に28対18と点差を詰めました。3Q以降も差を詰めていきますが、終始Philippines がリードのまま、4Qの残り時間18秒に2ポイントシュートを沈めて74対73と逆転し、更にフリースローで1点を加え、75対73としました。Philippines は最後に3ポイントシュートで逆転を狙いましたが、決められず惜敗という、スリリングな展開でした。Philippines にとっては悔いの残る試合でしたね。Palestine の今後の試合が楽しみです。

試合結果と24日以降の対戦は、以下の表のとおりです。

     
Group AIranJapanMalaysiaIndia
1Iran-○ 86 - 4825日24日
2Japan● 48 - 86-24日25日
3Malaysia25日24日-● 73 - 102
4India24日25日○ 102 - 73-
Group BPhilippinesPalestineKuwaitHong Kong
1Philippines-● 73 - 7525日24日
2Palestine○ 75 - 73-24日25日
3Kuwait25日24日-● 50 - 87
4Hong Kong24日25日○ 87 - 50-
Group CKoreaJordanSingaporeChina
1Korea-○ 87 - 6025日24日
2Jordan● 60-87-24日25日
3Singapore25日24日-● 42 - 91
4China24日25日○ 91 - 42-
Group DChinese TaipeiLebanonQatarKazakhstan
1Chinese Taipei-● 87 - 9225日24日
2Lebanon○ 92 - 87-24日25日
3Qatar25日24日-○ 79 - 75
4Kazakhstan24日25日● 75-79-

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメントする

※管理人にのみ公開されます

このページのトップに戻る