バスケットボールのスコア、得点のスコアリングだけでなく、アシスト、リバウンド、スチール、ファウル、フリースロー、ターンオーバー等のプレーを入力し、STATS / スタッツ(統計データ)として記録するためのサイトです。

FIBA Asia男子 日本一次予選突破

FIBA Asia男子一次予選最終日、日本はインドを83対65で退け、通算成績を2勝1敗とし、A組2位で一次予選を突破しました。おめでとうございます!

この試合、Q1は終始インドにリードされ、Q1終了時はは15対18と3点差でした。Q2の中盤で逆転に成功すると、その後はインドを突き放し、一度も逆転を許さずに18点差で勝利を収めました。主なSTATS比較は下の表のとおりで、スリーポイントシュート以外は日本が勝っており、快勝だったと言えます。

 プレー内容日本インド
2ポイントシュート52.8%34.8%
3ポイントシュート29.2%40%
フリースロー75%60%
リバウンド4543
ターンオーバー715

ところで、個人成績に目を向けてみると違った側面が見えてきます。日本は竹内選手が22得点、19リバウンドの活躍をみせましたが、竹内選手はこの試合、40分間フル出場でした。4Qを通して一度も休まずにプレーし続けることは、普通では考えられません。ベンチメンバーも全員プレーしましたから、唯一竹内選手だけが交代せずにプレーし続けたことになります。

一方のインドはこの試合、ベンチメンバーの3人がプレーしていません。竹内選手と同様、40分間フル出場した選手も一人います。イラン、マレーシア戦ではインドもベンチメンバー全員がプレーしています。インドはこの試合で死力を尽くして、スターティングメンバー主体で勝ちにきていたことが、この選手起用から読み取れます。

長谷川ヘッドコーチの脳裏には、初日のフィリピン vs パレスチナ戦、前日の韓国 vs 中国戦が脳裏に焼き付いていたと思います。フィリピン、韓国ともQ4終盤までリードしていながら、最後の最後で逆転を許し、苦杯を嘗めています。死力を尽くして挑んでくるインドに対し、竹内選手を休ませる余裕がなかったのではないでしょうか。一次予選2位通過をかけた死闘であったと言えます。

26日は休養日で、27日から2次予選が始まります。2次予選の初日、日本はB組2位のフィリピンとの対戦です。フル出場した竹内選手の体力がどこまで回復するか、気がかりです。また、3ポイントシュート成功率が29%と低いことも懸念されます。体格でハンディがある分、アウトサイドのシュートが決まらないと、インサイドの攻撃も難しくなります。懸念材料はありますが、インド戦の勝利を次の飛躍へ結び付けて欲しいのもです。

A組の一次予選最終結果は下記の表のとおりです。マレーシアは一次予選敗退が決まりました。

     
Group Aイラン日本マレーシアインド
イラン 3勝-○ 86 - 48○ 122 - 42○ 88 - 66
日本 2勝1敗● 48 - 86-○ 119 - 48○ 83 - 65
マレーシア 3敗● 42 - 122● 48 - 119-● 73 - 102
インド 1勝2敗● 66 - 88● 65 - 83○ 102 - 73-

 

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメントする

※管理人にのみ公開されます

このページのトップに戻る